再び感動を…리우 패럴림픽 개최:Rioパラリンピック開催!!

昨日からブラジルRioでスポーツを超え人類の和合を図る,第15回南米では初めて行われるRioパラリンピック!!  178ヵ国から4千460余名の選手が参加し9月7日〜18日まで接戦を繰り広げますね。今大会初参加の「難民オリンピック選手団」が先頭に入場し注目をあつめました。そして障害をもってるブラジルの子供たちをお父さん達が一緒に一歩一歩、歩みながら二人三脚で五輪のロゴが描かれた旗を持って入場行進をしてる場面では心を打たれました。 そして、聖火を灯す最終ランナーは、水泳で13個のメダルを持ち、今大会で引退を宣言しているクロドアウド・シルバさん。車椅子に聖火をとりつけると、聖火台前にあるステージが階段の中にスロープが現れ、大声援をうけながら、ゆっくりとスロープを上がりました。 シルバさんは濡れたタラップを車椅子で上り声援を背に聖火台までたどりつき、点火。大雨の中でも消えない聖火の炎は強く輝いてました。リオ五輪と同じ太陽をイメージした金色のモニュメントが輝きながら躍動を始め、 とても素晴らしい開会式でした。開会式のテーマは「限界のない心」心のバリアフリーも大事でしょう~

パランピアンの皆さん、関係する皆さん地球の裏からも応援してます~アジャ!!アジャ!!Fighting!! 楽しみましょう~ 😀 

         riopara3