韓国カルチャー教室


韓国語を習っていない方でも大歓迎です。

ご興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 



4月の韓国カルチャー


韓国小説の読み会

韓国語の学校・ひろば語学院横浜関内校/・韓国カルチャー

日時】 4月19日(金) 15時~16時30分

 作品 :韓国の現代小説を原文で読んでみませんか?

 

現在の韓国では、多くの若い作家が多彩な文学世界を展開しています。今を生きる彼らの作品の中に、同じ時代を生きるわたしたちが、国や文化の違いを超えて共感したり感動したりできる物語が見つかるかもしれません。

今回は、チョン・ヨンジュン(정용준)という作家の「宣陵散策(선릉산책)」という短編小説を読みます。この作家は1981年生まれの若い作家で、この作品は、第16回黄順元(황순원)文学賞を受賞しました。

内容は……フリーターらしき語り手が一日だけのアルバイトで、自閉症の青年の世話を任されて、宣陵公園(江南にある王陵)を二人で散策します。語り手が青年の行動に振り回されながら、二人の間が近づいて行くのですが……

ページ数34、シンプルな文体で読みやすいと同時に、深い余韻の残る物語です。関心がおありでしたら、是非ご参加ください。

 

参加代金:2,300円(当日支払い)

持ち物:筆記道具

担当:鈴木明子

 




書道

【日時】4 月27日(土) 16時30分~18時

   作品 :妙香山歌

 

前回学んだ民体の紀行歌辞<妙香山歌>。僧侶はこれより前に金剛山を旅し、同じく長文の歌辞<金剛山歌>を創った。今も昔も変わらない人々の旅への憧れ、僧侶として名刹、古刹を訪ね名僧、高僧を偲ぶ喜びが随所に垣間見ることができる。

近年、古文献の註釈に尽力される書家の奮闘により、その内容に光が当てられた。

 

 

参加代金:3200円(当日支払い)

持ち物:小筆と硯、下敷き、文鎮

(紙、固形の墨は準備します)

担当:ハングル書芸講師 李裕泉

 



4月の韓国カルチャー


春の韓紙工芸:3回コース(4月)

暖かくなり始めるこの季節に、韓紙工芸を始めてみませんか?
主にキットを利用しますので初めての方でも簡単です。

 

韓国語の学校・ひろば語学院横浜関内校/・韓国カルチャー

 

 

【日時】4月20日(土) 16時30分~18時

作品:韓紙のペンダントトップ

 

6cm×3cmの紙製ペンダントトップです。色はレッド、グリーン、ブルーから選ぶことができ、結んだメドゥプもお付けします。

紙なのでとても軽く、チェーン代わりのメドゥプは金属アレルギーの方でも安心して使用できますね。

ご希望の方には仕上用ニスと筆2本をセットした「仕上げセット」を1000円で販売いたします。

 講座申込時に一緒にお申しつけください。

 

参加代金:3,500円(当日支払い)

「仕上げセット」をご希望の方は4,500円

担当:ふくだ あゆみ

 


5月の韓国カルチャー


♡プリザーブドフラワー♡    花のある暮らし〜

【日時】5月11日(土) 16時30分~18時

   作品 :ジニアとバラ

 

ジニア(百日草)は暑い時期にも花が休むことなく咲き続けてくれる可愛らしい花です。今回はこのジニアとバラに「감사」のメッセージを添えて可愛いリースです。皆さまお待ちしています参加代金:4200円(当日支払い)

持ち物:ハサミ。持ち帰り袋。
(21㎝、横19㎝)

  担当:泉 明代

 

 

 


春の韓紙工芸:3回コース(5月)

 

韓国語の学校・ひろば語学院横浜関内校/・韓国カルチャー

 

 

【日時】5月18日(土) 16時30分~18時

作品:ペーパーBOX 

 

トイレットペーパーにかぶせて使用するBOXで、色と模様は3種類ご用意いたします。

韓国ではテーブルの上でトイレットペーパーを利用することも多いんですよ!

 

参加代金:3,500円(当日支払い)

担当:ふくだ あゆみ

 


6月の韓国カルチャー


春の韓紙工芸:3回コース(6月)

 

 

【日時】6月15日(土) 16時30分~18時

作品:果物トレー

 

りんごが3個乗るくらいの中皿になります。女性好みの文様が人気で、色はブルーとレッドがあり、ご希望の方にはハングルの韓紙も使い色韓紙と交互に貼ることで韓国らしいトレーもお作りいただけます。

 

 参加代金:3,500円(当日支払い)

担当:ふくだ あゆみ